読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うろ覚えの雑感

何でも適当に書いていくブログ

色々ありすぎた2016年

自分の肉体になんか起きるのが厄年ならば、人間関係もとい恋人関係で色々ありすぎた1年のことはなんと呼べばいいのだろうか。

具体的に起きたこと

2年付き合った彼女と8月に別れ10月に付き合い始めた遠距離の彼女がいるのだが、そちらから別れ話を切り出された年末である。

Googleカレンダーに予定を全て書き込んでいるので、それを見返せば1年間のうち何が起きたかなんとなくわかるようになっていて、先程見返していた。

ざっくりとした今年のまとめもしておこう

上半期

1月~8月

まず人生の転機。転職活動を再開して良い企業に巡り会えた。そこに転職することを決める。3月からの2ヶ月の間の出来事である。

前職での立場を全て捨ててほぼ1からに近い状態での転職。そこから少ししてから彼女とは喧嘩は増え、別れ話をし別れた

カレンダーを見返すと、漫画、ブルーレイ、ライブへの参加、オフ会への参加、家でやったパーティの数とか月に1~2は遊んでいる模様。

前半はむしろ上記でまとまるな・・・

下半期

9月~12月

正直いう。遊びすぎた。毎週のように遊びに出かけていた。そりゃ自炊もしなくなるわ。

別れた直後。胃腸炎にかかり、いくつかの約束をふいにしてしまった以外、4ヶ月もの間休みをまともにとっていないようだ。

何とも言えない。

冒頭に戻ると

で、だ。

真剣に色々考えてて向こうに合わせる形が多くなるかなと思いつつ、そもそもいろんなことが不安になってたんだけどそれがまさしく的中していた気がする。

短い期間でも考えた時間の分だけダメージはあるんだな、と久しぶりに刺さってる。眠れなくなるくらいには

遠距離には向き不向きはあるよな。そりゃそうだ。

二人で決めていくことを怠ったかなと。おそらく結論は来月の半ばくらいに確定に近い状態にしてまた向き合うことになるんだろうけど、まぁ言われたことを反芻してもきっと無理なんだろう

少し、糸が切れてしまったかのような状態でこれを書いている。公開するかどうかはまだわからない。もし公開する気になったら見直して追記することにしよう。

これを書いた後、飲みへ出た

2件ほどはしご。

1件目、着くなりめちゃくちゃ涙が出てきてしまった。

久しぶりに会う連中ばかりだったけど、暖かかった。そして馬鹿だった。

2件目

本当に、俺のことを考えてくれた。聞いてくれた。本当に誰にも話したことのないことを初めて話した。

自己矛盾の塊で、常に何かしらしていないと落ち着かない自分の性質

過去からの鎖で縛られてうまく開けれない感情の蓋

そういうのが、全て、表に出てきて感情の蓋があいた。

今日1日でたぶん1年分くらい泣いたんじゃないかなと思うくらい自然と涙が出てくる。自分のなかのネガティブな過ごしてきた過程は普通の一般過程に生まれて育った人には到底理解ができないものだとわかっているからこそ、理解されたいのではなく、ただただ聞いてほしいという感情になる

理解されないけど聞いて欲しい とか 一人暮らしなんだけど寂しい

みたいな自己矛盾を常に抱え続けているのを曝け出していい場所はとても貴著だ。

望んでも手に入らないくらいに貴重で、自分にとっては宝物のようだ。

2017年が良い年になればいいな。そう願ってやまない。